+ - 【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW
商品の詳細
【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW
From ゴープロ

参考価格: ¥ 59,000
価格: ¥ 53,100 詳細

発送可能時期: 通常1~2か月以内に発送
販売、発送は Amazon.co.jp

2 新品/中古品価格 ¥ 53,100

おすすめ度:
(9 カスタマーレビュー)

商品の詳細

  • Amazon.co.jp ランキング: #589 / カメラ・写真
  • ブランド: ゴープロ
  • 型式: CHDHX-601-FW
  • 発売日: 2017-09-29

仕様

  • 【QuikStories対応】HERO6 Blackが映像を自動でスマートフォンに送信して、素晴らしい編集済みビデオを作成します。
  • 【2倍のパフォーマンス】HERO6 Blackは4K60と1080p240のフレームレートで撮影可能になり、HERO5 Blackの4K30/1080p240に比べて約2倍のパフォーマンスを実現します
  • 【これまでにない最高画質】GoProでの撮影向けに最適化された完全に新しいGP1チップを搭載。HERO6 Blackは、大幅に改善された画質と安定感抜群の滑らかな映像を実現します。
  • 【さらにパワーアップした手ぶれ補正機能】最先端の手ぶれ補正機能を搭載したHERO6 Blackは、手持ちでも、ギアにマウントしても、非常に滑らかな映像を撮影できます。
  • 【優れた耐久性+防水性】耐久性に優れたデザインにより、HERO6 Blackはハウジングなしでも10mまで防水機能を発揮します。
  • 【音声コントロール】「GoPro 連写」などの音声コマンドで、HERO6 Blackを簡単にコントロールできます。
  • 【3倍の取り込み速度】5GHz Wi-Fiを使用して、HERO5 Blackより3 倍速く写真やビデオをスマートフォンにコピーできます。
  • 【2インチのタッチディスプレイ】タッチズームと新しいユーザーインターフェイスを搭載した2インチディスプレイにより、ショットのフレーミング、設定の変更、映像の再生が簡単になりました。

エディターレビュー

商品紹介
HERO6 Blackが、あなたの冒険をスマートフォン上で素晴らしいQuikStories映像に変換します。
まったく新しくなったGP1映像処理チップ、さらにパワーアップした手ぶれ補正機能、撮影可能なフレームレートが従来の4k30から4k60へと2倍のパフォーマンスになり、美しい映像の作成がかつてないほど簡単になりました。
さらに、音声コントロールと耐久性に優れた防水デザインもHERO6 Blackの魅力。
人生の決定的瞬間が共有できる究極のGoProです。
【本商品に対する修理等のお問合せ先】
GoProカスタマーサポート TEL 03-4510-6136 または https://jp.gopro.com/help/PKBContactus まで。


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

0 人の方が「このレビューが参考になった」と投票しています。(総投票数= 0 )
5まさしく最強最高アクションカムの真骨頂!!
By Harvestea
とにかく素晴らしいです。
アクションカムは初めてですが、購入前にYoutube等でレビューを見て凄く勉強しました。
今回、防水ハウジング、強化ガラスフィルム、収納ケース、クリップマウント、ラバーグリップフリーアングル自撮り棒等々、気になるアイテムを一式購入し更にパワーアップしました。
とにかく、今後はどこに行くにもこれ一つで良いと思います。

14 人の方が「このレビューが参考になった」と投票しています。(総投票数= 14 )
5予想以上
By Amazon カスタマー
ソニーのライバル機とどちらを買うか迷いに迷いました。手ブレに関しては負けているかもしれませんが、昼間ににFHDで撮る限りでは、ハードに使っても、カクつかず、かなりヌルヌルの映像が撮れ感動しました。作り込みもよく、ハウジングなしで10 m防水である点はポイント高いです。そして、アクセサリ、アプリ、編集ソフトそして専用のクラウドサービス(GoPro Plus, 月額600円)更にはアップデートなど、充実していて色んな拡張性が期待でき、こちらに決めました。今のところ、予想通りと言うより、それ以上で正解だったと思います。
新しい趣味を見つけました。

67 人の方が「このレビューが参考になった」と投票しています。(総投票数= 60 )
5HERO5での不満点がほぼ改善された完成形 追記1:10月10日
By Amazonカスタマー
昨年のHERO5の登場から約1年使ってきたわけですが、長く使っていると細々とした点で気になる点がありました。

HERO6は見た目がほぼ同じなので、マイナーチェンジ程度のものかなと勝手な想像をしつつも購入しました。

結果、いい意味で大きく裏切られました。
まず気がついたのは、プロモーションムービーで触れられている進化点は別として、HERO5の時に感じていたタッチパネル操作の
もっさり感というかなんとなく昔のスマホを触っているような反応の悪さを感じていたものがすっかり消えており、スムーズな操作が
できることでした。
自分は動画、写真、タイムラプスなど色々な機能を使うので、メニューから設定をいじることが多くこの進化はものすごく気持ちよい
ものでした。

あとは、録画のスタートとストップの反応がよくなった感じがしています。

この辺はカタログスペックにない違いだと思います。PCでいうとCPUが速くなったような印象です。

あとは、ボイスコントロールの対応コマンドが増えたようですが、何が増えたかはまだ理解していません。
ただし、反応がよくなったと感じます。今までは数回に一度は認識しなかったりということがありましたが、
HERO6では今のところ全て反応しています。また、「GoPro電源オン」コマンドが使えるようになったのは
嬉しいですね。常に待機状態になっているということだと思うのでバッテリーは多少心配ですが。。

それから撮影可能なフレームレートが4K60/1080p240まで上がったのもすごいですね。
まだこの部分は自分にとって宝の持ち腐れ的な部分もあるので、今後色々試して活用したいです。

とても驚いたのは、手ぶれ補正の進化です。HERO5では正直手ぶれ補正というほどではないかなと思っていましたが、
HERO6はバッチリ補正してくれますね。もちろんKarma Gripを使用した時のようなレベルとはいきませんが、電子式の
手ぶれ補正でここまで補正してくれたら相当助かります。SONYの光学補正くらいのレベルではないかと感じます。

ここまで補正が効いているのなら、今後Karma Gripを持たずに使える機会がかなり増えます。これは本当に驚きでした。

11月にはFusionも出るようですし、出費がかさみそうです。。
まだまだGoProから目が離せませんね。

追記1:iPhoneとの接続について
かなり便利になったと感じるポイントがありました。
HERO6の本体電源がオフの状態から、iPhone側のGoProアプリで接続をすると検索が始まりHERO6の電源がオンになり接続された状態になります。

HERO5の時は、毎回iPhoneの設定を開いてWi-FiからHERO5へ接続し、GoProアプリを開き接続する手順が必要でした。
これが結構煩わしかったのですが、今回はそれがなくHERO6の電源を入れる必要もないというのが本当に楽です。
ただし、これは他のWi-Fiを掴んでいない状態に限るようです。家の中のWi-FiをiPhoneが自動で掴んでいる時はこの昨日は働きませんでした。
外で何のWi-Fiも掴んでいない時にこの機能が使えました。基本的に外で必要な機能だと思いますのでその点はそれほど問題ではないかなと思います。

カスタマーレビュー0をすべて見る..9カスタマーレビュー0をすべて見る...