< エッセー・随筆 < 文学・評論 < 新書・文庫 < 本 - オレハ(o08)アマゾンで買物

>新書・文庫>文学・評論>エッセー・随筆>

エッセー・随筆 Search エッセー・随筆 エッセー・随筆 エッセー・随筆
大家さんと僕

大家さんと僕

By 新潮社
価格(税込): ¥ 1,080
国内配送無料


東海オンエアの動画が6.4倍楽しくなる本 虫眼鏡の概要欄

東海オンエアの動画が6.4倍楽しくなる本 虫眼鏡の概要欄

By 講談社
チャンネル登録者数300万人超!2018年、最注目のYouTuber「東海オンエア」。彼らの動画をより楽しむための必読書、それが「虫眼鏡の概要欄」だ!普段、動画公開時に添えている概要欄の傑作選を読んで、より楽しい動画ライフを。「動画と違って文章は共同作業です。皆さんが文章を読んで、頭の中でめちゃくちゃおもしろい映像を作ってください。そうして初めて、みなさんの顔がニヤニヤする訳です。」(序文より)


うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 (文春e-book)

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 (文春e-book)

By 文藝春秋
棋士生活三〇年、ある日突然襲ってきた病魔

「ふざけんな、ふざけんな、みんないい思いしやがって」
藤井聡太ブームに沸く将棋界。そのウラで羽生世代の棋士が脳の病と闘っていた。
その発症から回復までを大胆に綴った心揺さぶる手記。

うつ病の頭には死のイメージが駆け巡るのだ。

うつ病の朝の辛さは筆舌に尽くしがたい。
あなたが考えている最高にどんよりした気分の十倍と思っていいだろう。
まず、ベッドから起きあがるのに最短でも十分はかかる。
ひどい時には三十分。その間、体全体が重く、だるく、頭の中は真っ暗である。
仕方がないのでソファーに横になるが、もう眠ることはできない。
ただじっと横になっているだけである。
頭の中には、人間が考える最も暗いこと、そう、死のイメージが駆け巡る。
私の場合、高い所から飛び降りるとか、電車に飛び込むなどのイメージがよく浮かんだ。
つまるところ、うつ病とは死にたがる病気であるという。
まさにその通りであった。(本文より)


恋愛工学の教科書 科学的に証明された恋愛の理論

恋愛工学の教科書 科学的に証明された恋愛の理論

By 総合法令出版
価格(税込): ¥ 1,620
国内配送無料


カルト宗教信じてました。

カルト宗教信じてました。

By 彩図社
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

部活も自由にできない、希望する進路にも進めない、彼氏も作れない…そんな制限だらけの日々に耐えてきたけれど、息子の病気治療をきっかけに、宗教をやめました!
エホバ2世の著者が明かす、カルト宗教の世界と洗脳がとけるまで…


猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言by 猫組長, 西原 理恵子

猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言

by 猫組長, 西原 理恵子By 扶桑社
価格(税込): ¥ 2,350
国内配送無料


天才はあきらめた (朝日文庫)by 猫組長, 西原 理恵子

天才はあきらめた (朝日文庫)

by 猫組長, 西原 理恵子By 朝日新聞出版
新品出品価格: ¥ 670
Buy from other sellers

日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力by 猫組長, 西原 理恵子

日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力

by 猫組長, 西原 理恵子By KADOKAWA
価格(税込): ¥ 1,404
国内配送無料


多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。by 猫組長, 西原 理恵子

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

by 猫組長, 西原 理恵子By サンクチュアリ出版
SNS・会社・友達…
ここにいない誰かからココロを守る64の考え方

Twitterで累計50万以上リツイートされて話題のマンガ!

「これ私のことだ!」
「肩の力がスッと抜けました」
「グダグダ悩み続けるのやめた!」と共感の声多数

SNSからリアルな人間関係まで
現代社会の悩みを解決する
目からウロコのちょっとした「考え方」のヒントがここに。


・嫌な人や苦手な人がいる
・理不尽な目にあって、忘れられない
・SNSで人の幸せに嫉妬してしまう
・SNSに書かれている悪口が、自分のことに感じる
・みんなにいい人を演じて疲れる
など…


十五の夏 上 (幻冬舎単行本)by 猫組長, 西原 理恵子

十五の夏 上 (幻冬舎単行本)

by 猫組長, 西原 理恵子By 幻冬舎
一九七五年、高一の夏休み。ソ連・東欧一人旅。
異能の元外交官にして、作家・神学者である“知の巨人”の
思想と行動の原点。40日間の旅行記。

僕がソ連・東欧を旅することになったのは、高校入学に対する両親からの「御褒美」だ。旅行費用は、僕の手持ちの小遣いを入れて、48万円もかかる。僕は父の給与がいったいいくらか知らないが、浦和高校の3年間の授業料の10倍以上になるのは間違いない。両親には申し訳ないと思ったが、好奇心を優先した。

羽田→カイロ空港→チューリヒ→シャフハウゼン→シュツットガルト→ミュンヘン→プラハ→ワルシャワ→ブダペシュト→ブカレスト→キエフ→


2 | 3 4 | 5 6 | > | >|
MOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOORE
Amazon Associate
配送料 無料1500円以上