< 科学 < その他 < 一般科学 < 科学・テクノロジー < 雑誌 < 本 - オレハ(o08)アマゾンで買物

雑誌>科学・テクノロジー>一般科学> その他>科学>

科学 2008年 04月号 [雑誌]

科学 2008年 04月号 [雑誌]

By 岩波書店
ユーズド価格: ¥ 1,607
Buy from other sellers
◆特集 予測不能な時代の〈測り方〉――確率・リスク・ゆらぎ●現代確率論の常識/高 橋 陽 一 郎●ファイナンスにおけるリスク回避の考え方 楠岡成雄●「確率の科学」がなぜ必要か 伊庭幸人●物語《GC Equation》 円城塔 [キーワード]化学物質のリスクと順応的管理 蒲生昌志 ・天気予報と確率 杉正人 ・設計知の構造化 飯塚悦功 ・交絡─事実と反事実の比較 佐藤俊哉 ・がんの多様性 野田亮 [コラム]小惑星の衝突 向井正 ・生物における左右のバランス 西條幸男 ・賭けと金融工学の新しい数理 竹内啓 ・知能は遺伝か環境か?  繁桝算男 《座談会》 科学ジャーナリズムからの提言(下) ―科学コミュニティとの連携で  青野由利×尾関章×保坂直紀 [報告・解説] 発達障害の子どもの脳の違いとその原因 ─シナプス接続異常と遺伝・環境相互作用 黒田洋一郎 ・地球温暖化と生物多様性の危機 樋口広芳 <巻頭エッセイ 学ぶ・創る・遊ぶ>「転んでもただでは起きない」  砂田利一 <科学通信>科学ニュース:「日本沈没」は起こるか?─弾性波速度からみたマントル遷移層の物質 入舩徹男< 心にのこる1冊>プラトン著『パイドン』 納富信留 <書評>田中學著『植物の学名を読み解く─リンネの二名法』  大場秀章 評


科学 2008年 02月号 [雑誌]

科学 2008年 02月号 [雑誌]

By 岩波書店
ユーズド価格: ¥ 74
Buy from other sellers

科学 2007年 08月号 [雑誌]

科学 2007年 08月号 [雑誌]

By 岩波書店
ユーズド価格: ¥ 200
Buy from other sellers
通巻900号記念特集 <未来>への構想―時代と人間のトポロジー◆100年後・1万年後からみた現在・100年後の政治と科学 橋田浩一  1000年後の経済 神野直彦  100年後の太陽エネルギー 堂免一成  1万年後の知性 入來篤史  100年後の病院 最相葉月  100年後のゲノム医学 伊藤隆司  100年後の生態系 鷲谷いづみ  100年後の河川 高橋裕  100年後の日本文化 安田喜憲  100α年後の宇宙論 横山順一  1万年後の地球と人類 鳥海光弘  〈対談〉数学の未来,ゼータ惑星への旅 ホシノカナタ+植木不等式 〈対談〉科学・文化・幸福 佐藤文隆+村上陽一郎 科学の比較文明的考察――「科学の倫理学」へ 伊東俊太郎 環境危機とテクノロジー  加速する天然資源の過剰収奪――技術革新による危機 石弘之  世界の水資源:現状・課題・将来像 沖大幹  日本沿岸の生態系に何が起こっているか 向井宏  エネルギーをどう構想するか 山口幸夫  科学技術と戦争――情報操作の観点から 常石敬一  人間―自然系としての環境 丸山康司 人間科学の未来  知と行動の「外部化」が意味するもの――人間存在への問いから 熊野純彦  心の進化と人間の未来 松沢哲郎  科学とスピリチュアリティ――生命操作と還元主義を越えて 島薗進  生命倫理問題と価値多元主義――議論のあり方を問う 西川伸一  脳死・臓器移植がもたらす未来 山口研一郎 知的空間の変貌  科学技術社会のゆくえ――科学者の社会的責任論の系譜から 藤垣裕子  科学者コミュニティーのこれから――自省・総合・循環 広渡清吾  工業としての建築から,農業としての建築へ 隈研吾 〈短期集中連載〉 原子力発電所の耐震設計審査指針改訂の諸問題(第1回)指針改訂の審議を振り返る  石橋克彦 <巻頭エッセイ 学ぶ・創る・遊ぶ>ファーブル『昆虫記』に学び,それを発展させた100年 川那部浩哉        


科学 2007年 06月号 [雑誌]

科学 2007年 06月号 [雑誌]

By 岩波書店
ユーズド価格: ¥ 100
Buy from other sellers

科学 2007年 04月号 [雑誌]

科学 2007年 04月号 [雑誌]

By 岩波書店
ユーズド価格: ¥ 501
Buy from other sellers
特集= 〈検索〉の未来・検索から連想へ--情報を発想力に変換する連想エンジン 高野明彦・生命科学データベースの現状と課題--パラダイム転換の最後のバリア 大久保公策・google活用法--情報を原理とする世界へ 三浦均・次世代スーパーコンピュータにかける夢 姫野龍太郎・医学における検索--多様性の科学の重要性 鎌谷直之・日本語語彙大系とその後 池原悟・検索と確率モデル 田中利幸[コラム]・国立国会図書館のインターネット情報の保存事業--電子図書館サービスの一環として 植月献二・モノは情報にまさる--分類学という自然認識から 馬渡峻輔・浮世絵閲覧システムについて 山本浩幾<巻頭エッセイ 学ぶ・創る・遊ぶ>検索から占いへ 円満字二郎・科学の始まり《謎と仮説》(第3回)1万3000年前に海を渡った人びとを追う--最初のアメリカ人をめぐって  佐藤宏之〈報告・解説〉 ・情報原理としての生命  甘利俊一・昆虫に共生する細菌がもつ極小ゲノムの驚き--〈オルガネラ化〉を目撃しているのだろうか? 中鉢淳・計算好きだったアルキメデス--ギリシア数学の新たな見方  斎藤憲<心にのこる1冊>N.マイアース著『沈みゆく箱舟--種の絶滅についての新しい考察』   長谷川博<書評> 須藤靖著『ものの大きさ--自然の階層・宇宙の階層』 粟野諭美 評


科学 2007年 02月号 [雑誌]

科学 2007年 02月号 [雑誌]

By 岩波書店
ユーズド価格: ¥ 50
Buy from other sellers
特集=太陽系の新しい常識・火星の水と氷/佐々木晶・地下にもぐる太陽系内の生命/山下雅道・エウロパの海,イオの火山,タイタンの大気/倉本圭・惑星発見の歴史と定義決定の背景/渡部潤一・太陽系はどのようにしてできたのか/渡邊誠一郎・「ひので」による太陽観測の新たな進展/常田佐久 冥王星型氷天体の姿とその起源 /向井正,パトリック・ソフィア・リカウカ・人類が初めて見る微小小惑星の世界──「はやぶさ」による小惑星イトカワの探査/吉川真 ・隕石・宇宙塵からみた太陽系/土山明・金星の気候の謎/今村剛・巨大衝突から月へ/小久保英一郎・宇宙人としての生き方/松井孝典[コラム]惑星リングの謎/大槻圭史・生存可能惑星としての地球の普遍性/阿部豊・氷天体の内部流動 /久保友明・惑星の動きのもつ秘めたる意味とは──占星術からみた古代・中世/三村太郎・宇宙天気予報/柴田一成・スターダスト計画──ミクロの目で見る彗星の姿/中村圭子・木星の由来 /生駒大洋・月探査への期待: マグマオーシャンと月隕石/加藤學【巻頭エッセイ】学ぶ・創る・遊ぶ◆数学の天才はいかに生きたか/飯高茂【心にのこる1冊】バナール著『歴史における科学I~IV』 竹内敬人【書評】ジェームズ・R. チャイルズ著『最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか』/秋元健治著『核燃料サイクルの闇─イギリス・セラフィールドからの報告』山口幸夫 評


科学 2007年 05月号 [雑誌]

科学 2007年 05月号 [雑誌]

By 岩波書店
ユーズド価格: ¥ 285
Buy from other sellers
特集= 《競争》にさらされる大学  ──法人化後の評価 ●大学とは何か・社会機関としての大学 小平桂一 (総研大学長)・知識人としての「常識」と「賢慮」を磨くために 村上陽一郎 (国際基督教大)・大学: 考える人間のサンクチュアリ 藤永茂 (カナダ・アルバータ大名誉教授)・批判精神を持った教養人の養成を 新藤宗幸(千葉大)・高校生の現実から大学をみる 佐々木賢 (神奈川県元高校教師)●対談・果たして大学は“役立たず”だったのか──議論の土台を問う 池内了(総研大)+苅谷剛彦(東大)・知識資本主義と新自由主義大学 小沢弘明 (千葉大)・国立大学法人等の教育研究の評価について 荒船次郎(東大名誉教授) ●外国にみる大学のビジョン・欧州の高等教育改革 高谷亜由子 (文科省)・The Stanford Challenge: Stanford大学が全学をあげて取り組む研究・教育改革 清貞智会 (SRI)・イギリスと日本の大学の違いについて──一研究者の立場から 岩田想 (英国インペリアル・カレッジ・ロンドン)・中国大学の変化──理科系における人材養成の動向を中心に 黄福涛 (広島大)・国立大学法人の財務をどう読むか 羽田貴史 (東北大) ●今何が進行しているか[評価の功罪]・法人化のもとでの研究業績評価──ヨーロッパとアメリカそして日本 福田正己 (北大・低温研) ティーチング・エヴァリュエーションの功罪 原千秋 (京大・経済研)[研究のゆくえ]・長期データ蓄積型研究の危機──80年におよぶ森林環境研究を例に 蔵治光一郎 (東大・愛知演習林)・“研究の多様性を支える”ために 野地澄晴 (徳島大・ソシオバイオサイエンス)[開かれた大学へ]・徹底的な学生本位の姿勢から状況の打開を図る──高大連携の取り組みを中心として 松浦克美 (首都大・生命科学)・地域との連携で活路を開く 尾久土正己(和歌山大・学生自主創造科学センター)・地域連携と新しい大学モデル 三村信男 (茨城大)・「知力の都市」を形成する 清成忠男 (三鷹ネットワーク大)[教員養成の現場から]教員養成大学が教科教育軽視でいいのか 川勝博 (名城大,元香川大・教育)・いま求められている教員養成カリキュラムとは何か?──「理科教育データベース」の構築から見えてきたもの 川上紳一 [地方大学の今]・地方総合大学における法人化のインパクト 片峰茂(長崎大・医歯薬学総合)・地方大学における1つの研究戦略 入舩徹男 (愛媛大・深部地球ダイナミクス研究センター)・医歯学系と研究所の場合──法人化大学の一教員・一研究者とて 牛木辰男・高橋 均 (新潟大・医歯学系/脳研究所)統合・大学院化・法人化が山梨大学にもたらしたもの 久保田健夫 (山梨大・医学工学総合)教職員人事制度に根本的変更 谷口吉光 (秋田県立大) [大学はどこへゆく]産業社会とは異なる規範を示す空間に 金森 修 (東大)教養なき大学の惨めな行く末 高橋義人(京大・総合人間)<書評>湯川・朝永生誕百年企画展委員会編・佐藤文隆監修『素粒子の世界を拓く-湯川秀樹・朝永振一郎の人と時代』 橋本幸士 評   


科学 2006年 11月号 [雑誌]

科学 2006年 11月号 [雑誌]

By 岩波書店
ユーズド価格: ¥ 1,440
Buy from other sellers

科学 2007年 12月号 [雑誌]

科学 2007年 12月号 [雑誌]

By 岩波書店
ユーズド価格: ¥ 337
Buy from other sellers

科学 2008年 09月号 [雑誌]

科学 2008年 09月号 [雑誌]

By 岩波書店
ユーズド価格: ¥ 398
Buy from other sellers

2 | 3 4 | > | >|
Amazon Associate
配送料 無料1500円以上