< Biographies & Memoirs < Audiocassettes < Formats < 洋書 - オレハ(o08)アマゾンで買物

洋書>Formats>Audiocassettes> Biographies & Memoirs>

Biographies & Memoirs Search Biographies & Memoirs Biographies & Memoirs Biographies & Memoirs
The Remains of the Day: (Movie Tie-In Edition)

The Remains of the Day: (Movie Tie-In Edition)

By Random House Audio
新品出品価格: ¥ 6,032
Buy from other sellers

Harry Potter & Philos.. Child (Cover to Cover)

Harry Potter & Philos.. Child (Cover to Cover)

By Cover to Cover
新品出品価格: ¥ 8,785
Buy from other sellers
   ハリー・ポッター・シリーズもそろそろ新しい切り口が尽きたかに見えた矢先、Stephen Fryのめいっぱい傲慢(ごうまん)な、そしてめいっぱいいたずらっぽい語り口が、『Harry Potter and the Philosopher’s Stone』(邦訳『ハリー・ポッターと賢者の石』)をオーディオ版として生き生きとよみがえらせた。

   ハリー・ポッターは人生最初の10年間を、おそろしいダーズリー一家(おば、おじ、それにデブでわがままないとこ)のなすがままにされてきた。両親を亡くしたハリーを彼らがしぶしぶ引き取ったのだ。だが、11歳の誕生日、ハリーは自分が普通の少年ではないことを知り、一家が必死でじゃまするにもかかわらず、ホグワーツ魔法魔術学校に入学、見習い魔法使いとしての生活を始める。後はご存じのとおり…。

   ハリーが行く手に待ち受ける悪と戦うとき、Stephen Fryはストーリーにぴったりの、皮肉で乾いた、つい引き込まれてしまうユーモアをまじえて、ホグワーツでの難局で新しい人生にまっこうから取り組む彼らの最高の部分を引き出す。もって生まれた低く単調な、上流社会独特の語り口が、この最高の魔法物語にぴったりだ。ガリ勉ハーマイオニーの甲高いわめき声、断固として、それでいて公平なダンブルドア校長の穏やかな口調、陰険なスネイプ先生の意地悪な発言を、絶妙のタイミングで使い分ける。

   『Harry Potter and the Philosopher’s Stone』は傑作で、その成功ぶりがさかんに報じられているが、Fryの朗読を聞くまではこの最高の魔法物語を体験したとは言えない。他のオーディオブックと同様、ドライブに最適。本をあまり読みたがらない人にハリー・ポッターの魔法を体験させるのにも理想的な方法だ。(対象年齢9歳以上)(Susan Harrison, Amazon.co.uk)



Holes (Listening Library)

Holes (Listening Library)

By Listening Library
新品出品価格: ¥ 5,189
Buy from other sellers

Alice's Adventures in Wonderland (Commuter's Library)

Alice's Adventures in Wonderland (Commuter's Library)

By Commuters Library
新品出品価格: ¥ 2,653
Buy from other sellers

Frog and Toad Are Friends (An I Can Read Book)

Frog and Toad Are Friends (An I Can Read Book)

By Harpercollins Childrens Books
新品出品価格: ¥ 20,389
Buy from other sellers

Pale View of Hills

Pale View of Hills

By Books on Tape
ユーズド価格: ¥ 11,185
Buy from other sellers

How To Win Friends And Influence People

How To Win Friends And Influence People

By Simon & Schuster Audio
新品出品価格: ¥ 4,722
Buy from other sellers
   あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない。著者の信ずるところによれば、経済的成功の15パーセントは専門的知識から生み出されるが、残りの85パーセントは「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。人と接する際の基本的な原則を基に、自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるようなスキルを教示する。また、操られていると相手に感じさせないようにしながらつき合う基本的な手法にも重点を置いている。カーネギーは、誰かに自分が望むことをさせるには、状況を一度自分以外の視点に立って観察し、「他人の中に強い欲望を喚起させる」ことで可能になると述べる。更に本書を通じて、相手に好かれる方法、自分の考え方に相手を引き込む方法、相手の感情を害することなく、あるいは恨みを買うことなくその人の考え方を変える方法を学ぶことができる。例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法などである。また、歴史上の人物、産業界のリーダー、そして市井の人々の逸話を交えながら、著者の論点が分かりやすく解説されている。(Joan Price, Amazon.com)


The Cat in the Hat

The Cat in the Hat

By Amer School Pub
Buy from other sellers
   いまさらスース博士でもあるまい、と言われるかもしれない。でも、やっぱりこの人は楽しませてくれる。試しに、退屈な雨の午後を不思議でハチャメチャな冒険にしてくれる、あの猫の物語を開いてみてほしい。読んでいるうちに、新たな冒険が現われる。子どもの読む力をのばしてくれる本だ。博士があえてシンプルで母音の1つしかない言葉を使っているのは、その効果がわかっているからだ。最初から最後まで笑いながら、聞いて、覚えて、そして読んでほしい。『The Cat in The Hat』(邦題『キャット イン ザ ハット』 )は、子どもの本棚にぜひ置いておきたい1册なのである。(Amazon.com)


Goodnight Moon

Goodnight Moon

By Festival
ユーズド価格: ¥ 150
Buy from other sellers
   子どもが眠る前のひとときにおあつらえむきの本といえるだろう。『Goodnight Moon』(邦題『おやすみなさいおつきさま』)は、これから眠りにつこうとしている(というより、まだ眠りたくなくて時間を稼いでいる)子ウサギのおやすみのあいさつを短い詩にしたものだ。子ウサギは目に入るものすべてに、そして声の届くところにあるものすべてに「おやすみ」を言う。「静かにしなさい、とそっとささやいているおばあさん」にも。クレメント・ハードの絵はシンプルで印象的だ。ページをめくると、白黒の小さな絵と、見開きいっぱいに鮮やかな色が広がる子ウサギの部屋の絵が交互に現れる。

   本の中で子ウサギが呼びかけているもの全部を絵の中に見つける遊びをすると、寝る前のひとときが一段と楽しくなる。繰り返し登場する小さなネズミはちょっと手ごわいが、子ウサギのおやすみの詩は、最後には小さなささやきに変わっている。夜の訪れとともに絵のトーンも暗くなる。最後のページをめくるころ、子どもはきっと、眠そうな笑顔と少なくとも1度や2度のあくびを見せてくれることだろう。



Charlie and the Chocolate Factory Audio

Charlie and the Chocolate Factory Audio

By Festival
新品出品価格: ¥ 2,605
Buy from other sellers
   ウィリー・ワンカはチョコレート工場経営者、いつも人目をさけている変わり者だ。その彼が、どういうわけか秘密の工場を見学させてくれることになった。この10年間で初めてのことだ。ただし、招待客はたったの5人だけ。ワンカ社特製チョコバーの包装紙の中に、金色の招待券を見つけた幸運な者だけが工場見学に参加できる。しかも、案内するのはワンカ自身だというのだ。

   チャーリー・バケット少年は、この夢のような招待券を偶然手に入れた。道で1ドル紙幣を拾った彼は、どうしてもがまんできずに、あこがれのワンカのチョコバーを2本買ってしまう。そのお金があれば、貧しい家族に食べ物を買えることはわかっていたのに…。しかし2本目の包みを開けたとき、下の方でかすかに光るものを見つけたのだ!

   その翌日、チャーリーはいよいよ工場の門をくぐる。一緒に行くのは、テレビっ子のマイク・テービー、お金持ちのお嬢様ベルーカ・ソルト、ガムが大好きなバイオレット・ボールガード、それに食いしん坊のオーガスタス・グループ。4人ともどこか頼りない。はたしてチョコレート工場の秘密とは何か、なぞめいた経営者ワンカとは何者なのか、その答えが5人の目の前でしだいに明らかになる。秘密のチョコレート工場はうわさ以上の、驚くべき場所だった。そしてそこでチャーリーを待ちうけていたのは、もう二度ともとの生活には戻れない運命だった。

 『Charlie and the Chocolate Factory』(邦題『チョコレート工場の秘密』)は、あのロアルド・ダールによる奇想天外な作品。子どもたちが喜び、わくわくし、すっかりひきこまれること間違いなしの傑作だ。



2 | 3 4 | 5 6 | > | >|
MOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOORE
Amazon Associate
配送料 無料1500円以上